乳幼児や子供の間で見られる病気

乳幼児や子供の間で見られる病気、手足口病手足口病は比較的よく見られる病気で、保育園や幼稚園など子供が集まるところで流行することがあります。手足口病は小さいお子さんをもっているお父さんやお母さんなら一度は聞いたことがある病名なのではないでしょうか。乳幼児や子供によく見られる手足口病。最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。手足口病はいくつかのウイルスが原因で起きます。主な原因ウイルスは腸管ウイルスであるコクサッキーA16とその変異型、そしてエンテロウイルス71です。その他のウイルスも原因となる場合があります。このように原因ウイルスが数種類あるため、何度も手足口病にかかる人もいます。手足口病になると、口の中や舌の発疹により食事ができないことがあります。子供が手足口病になったら食事内容に気をつけ、酸っぱいものや辛いものなどは避け、口にしみないものを出しましょう。また、感染が広がらないように子供に接した後は必ずよく手を洗うようにしましょう。


RSS関連リンク
手足口病
手足口病の症状は、手のひら、足の裏、の中に発疹や水疱ができることが一般的です。手足口病の症状のなかでもの中の発疹は、水疱が発生することが原因で舌やの内側の粘膜に軽度の痛みを伴います。の中の水疱が破れて潰瘍状になる場合も報告され ...

手足口病
最近転職した勤務先の乳幼児が手足口病にかかっており、施設内で流行してきました。 私はインフルエンザの予防注射も出来ないひどいアレルギー体質です。 もちろん抗生剤もあわなくて飲めません。 昨日から喉が痛いです。現時点熱はありませんが。 ...

手足口病
週末ふーが手足口病てのにかかってしまったの 手足口病とは・・・ 「この病気は、その名のとおり手足にできる水疱状の発疹が特徴。手のひら、足のうら、の中に、周囲が赤くて真ん中が白い、米粒大の水疱ができます。足の甲やおしりにできることも ...
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。