乳幼児や子供の間で見られる病気

乳幼児や子供の間で見られる病気、手足口病手足口病は比較的よく見られる病気で、保育園や幼稚園など子供が集まるところで流行することがあります。手足口病は小さいお子さんをもっているお父さんやお母さんなら一度は聞いたことがある病名なのではないでしょうか。乳幼児や子供によく見られる手足口病。最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。夏風邪の一種である手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症です。乳幼児や子供が手足口病を発症した場合、発症した子供に接した後はよく手を洗いましょう。ウイルスは便中に排泄されるので便の始末をしたときは特によく手を洗うようにしましょう。手足口病になると、口の中や舌の発疹により食事ができないことがあります。子供が手足口病になったら食事内容に気をつけ、酸っぱいものや辛いものなどは避け、口にしみないものを出しましょう。また、感染が広がらないように子供に接した後は必ずよく手を洗うようにしましょう。


RSS関連リンク
手足口病について調べました
では手足口病に関する情報をご紹介させていただきます。乳幼児や子供によく見られる手足口病。最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中

運動会・・・。
あんなに楽しみにしていた運動会!!2日前の夕方にに熱を出し、発疹も出て次の日・・・病院に行くと 「手足口病(~□~;)!!」 わたしは疑って...

手足口病
手足口病、聞いたことがありますか?インパクトが強く一度聞いたら忘れない病名の手足口病はその名の通り、手や足、口などにブツブツができる病気です。冗談のような病名ですがこれはれっきとした病名です。手足口病は英語では、hand,foot,
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。