手や足、口などに発疹

手や足、口などに発疹や水泡がでることから名付けられた手足口病手足口病は乳幼児や子供によく見られる病気ですが、大人でも感染することがあります。ご自分のお子さんが手足口病にかからないように、手足口病の予防、また感染した時のために対処法など知っておくといいでしょう。手足口病は乳幼児や子供に多くみられ、夏に発症することが多いウイルス感染症です。症状の一つに発熱がありますが、発熱がない場合もあります。またその他の症状に手、足、口、おしり、ひじやひさなどにあわられる水泡性の発疹、軽い下痢や嘔吐などがあります。子供が手足口病にかかった場合、熱がある場合は幼稚園や学校を休ませた方がいいでしょう。また、水分補給をしっかりし脱水症にならないように注意しましょう。症状が発疹だけの場合は休ませなければいけないということはありません。休み期間については病院の先生と相談して決めるといいでしょう。手足口病になると、口の中や舌の発疹により食事ができないことがあります。子供が手足口病になったら食事内容に気をつけ、酸っぱいものや辛いものなどは避け、口にしみないものを出しましょう。また、感染が広がらないように子供に接した後は必ずよく手を洗うようにしましょう。


RSS関連リンク
学術講演会のご案内
ニュー長崎 地階 海鳳の間 長崎市大黒町14番5号 【プログラム】 18:30-18:45《製品紹介》 グラクソ・スミスクライン(株) 18:45-20:00《特別講演》 産婦人科と単純ヘルペスウイルス感染症 佐賀大学 産科婦人科学 教授 岩坂 剛 先生 主 催: グラクソ・スミスクライン(株

リンパ腫は良性と悪性とに分かれる!
良性リンパ腫は生命に関わるような事はありません。しかし、リンパ節など炎症状態が続くと、免疫力が落ちていき感染症の危険が増して肺炎や腎臓疾患を発症します。一方、悪性リンパ腫は、白血病の一種とも言えますが、リンパ球の一部ががん化するのです

今年もやってきました!
る * 口が渇く * 目が充血し、顔が赤くなる などの症状にあう漢方です。解熱だけでなく、抗ウイルス作用や抗菌作用があり、さまざまなウイルス感染症に働きかけるので、他にもインフルエンザや日本脳炎の予防や治療などにも使用されてます。銀ぎょう散 銀ぎょう
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。