手や足、口などに発疹

手や足、口などに発疹や水泡がでることから名付けられた手足口病手足口病は乳幼児や子供によく見られる病気ですが、大人でも感染することがあります。ご自分のお子さんが手足口病にかからないように、手足口病の予防、また感染した時のために対処法など知っておくといいでしょう。乳幼児や子供によく見られる手足口病。最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。手足口病の発熱は通常微熱程度ですが高熱が出る場合もあります。熱が発生してから2、3日後に手や足、口などに発疹があらわれます。手足口病は基本的には1週間から10日ほどで自然に治ります。ただし、高熱がでたり微熱が持続したり、嘔吐を繰り返す場合などは要注意です。手足口病は感染症ではありますが特に隔離する必要はありません。また、発疹だけの場合は幼稚園や学校に行かせても大丈夫です。しかし、鉄棒やのぼり棒など水泡が潰れるようなことは感染を起こすことになるので避けるようにしましょう。また、プールも水泡がふやけてつぶれることがあるので避けたほうがいいでしょう。


RSS関連リンク
インフルエンザ予防注射
ではスタッフ達が次々と感染し、数日休診状態になってしまった。インフルエンザは、国民の健康に大きな影響を与えるおそれがある感染症のひとつとして、法律(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)で「五類感染症」に定められている

アダルトグッズ 通販
感染症 や、精液・血液の膣内接触による性感染症の予防に有効である。ただし毛じ アダルトグッズ 通販 らみなど、保護対象外部分の接触によるものには効果がない。欧米での性教育ではこの点に重点が置かれている。特に エイズ ( ヒト免疫不全ウイルス 感染症

アデノ ウイルス
・ω・`) ぁ、どうも中耳炎も併発しているようで。そして相変わらず鬱です。... さっきのは。。。... インフルエンザ・溶連菌感染症・アデノウイルスの 検査をしてもらったけど、どれも陰性 単なる風邪なのかなんなのか、はっきりせずに 帰ってきました
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。