手や足、口などに発疹

手や足、口などに発疹や水泡がでることから名付けられた手足口病手足口病は乳幼児や子供によく見られる病気ですが、大人でも感染することがあります。ご自分のお子さんが手足口病にかからないように、手足口病の予防、また感染した時のために対処法など知っておくといいでしょう。手足口病は夏風邪の一種で、初夏から初秋にかけて多く発生しますがその他の季節でも発生することもあります。手足口病は軽い発熱で始まり、食欲不振などがあらわれます。その後、手や足、口などに水泡性の発疹があわわれます。のどに痛みを伴う場合もあります。夏風邪の一種である手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症です。乳幼児や子供が手足口病を発症した場合、発症した子供に接した後はよく手を洗いましょう。ウイルスは便中に排泄されるので便の始末をしたときは特によく手を洗うようにしましょう。手足口病になると、口の中や舌の発疹により食事ができないことがあります。子供が手足口病になったら食事内容に気をつけ、酸っぱいものや辛いものなどは避け、口にしみないものを出しましょう。また、感染が広がらないように子供に接した後は必ずよく手を洗うようにしましょう。


RSS関連リンク
性病とは?
性病は、性交渉によって感染をする病気(感染症)の 総称を呼びます。感染経路として、性交渉がありますが、それ以外にも、 血液の輸血や、注射器の転用などによって感染します。主な感染部位は、生殖器、性器周辺などです。主な病気として

女子東大生に聞いた、日本の
にHIV感染は拡大しているが、その一方で、熱心にAIDS防止の啓発活動に取り組む若者もいる。「恋愛の先にセックスがあるのは、自然なことです。ただ、安全でないセックスは、HIVを含めた性感染症感染のリスクを高めます。日本のHIV感染者は

インフルエンザ気を付けましょう!!
ウイルスを検出したと発表した。全国では愛知県と大阪市に次いで3番目。2007.11.02 朝日新聞 厚生労働省は2日、新型インフルエンザが発生した場合の国内対策を強化するため、感染症法と検疫法を改正する方針を明らかにした。具体的には、患者や感染
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。