手のひらや足の裏、口

手のひらや足の裏、口の中など柔らかい部分に発疹や水疱がでる手足口病。子供がいる人は自分の子供がかかったこともあるのではないでしょうか。乳幼児、小児がかかることが多い病気ですが、大人でもかかることがあります。ここでは手足口病に関する情報をご紹介させていただきます。乳幼児や子供によく見られる手足口病。最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。夏風邪の一種である手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症です。乳幼児や子供が手足口病を発症した場合、発症した子供に接した後はよく手を洗いましょう。ウイルスは便中に排泄されるので便の始末をしたときは特によく手を洗うようにしましょう。手足口病は夏風邪の一種なのでそれほど気にする必要はありませんが、稀に髄膜炎になる場合があります。子供の様子をきちんとチェックし、微熱が続いたり高熱が出たり、その他、頭痛や嘔吐、けいれんなどが見られた場合は早めに病院に診察を受けに行くようにしましょう。


RSS関連リンク
胃の痛みのレポートです。
、胃腸虚弱、消化不良、食あたり、食中毒など胃に関する疾患です。また、ピロリ菌やノロウイルスなどの感染症もあります。さらに、直接に胃とは関係のない内臓疾患、腎臓結石、胆石症、虫垂炎、でも、胃の痛みを感じることがあります。食べ過ぎや飲み

子どもの体力
ド系のみがOKでした。だから、溶連菌感染症にだけはかかれない…と、肝に命じてます。今回の風邪はあっさりと熱も引きすぐに回復…やっぱり、成長してるんですね。Dr.をしている友人に 「風邪をひいたら、ウイルスをやっつけるために必要なだけの熱が

旅行中の「ノロ・ウイルス」
・ウイルスは「ウイルス性」のため補償金の対象となります。ノロ・ウイルスは、今年になってから海外での発生も報告されています。ご出発前からこのウイルスに感染しないよう心がけ、予防することが望ましいですね。(参考文献) 国立感染症研究所感染症情報
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。