手のひらや足の裏、口

手のひらや足の裏、口の中など柔らかい部分に発疹や水疱がでる手足口病。子供がいる人は自分の子供がかかったこともあるのではないでしょうか。乳幼児、小児がかかることが多い病気ですが、大人でもかかることがあります。ここでは手足口病に関する情報をご紹介させていただきます。手足口病の主症状に手のひら、手足の指と指の間、足の裏などに水泡性の発疹があります。また口の中にも同じように発疹があらわれます。乳児の場合はひざやひじ、おしりなどに発疹があらわれます。発疹のあらわれる箇所は口の中だけの場合や、手足などの皮膚の発疹だけの場合があります。手足口病の発熱は通常微熱程度ですが高熱が出る場合もあります。熱が発生してから2、3日後に手や足、口などに発疹があらわれます。手足口病は基本的には1週間から10日ほどで自然に治ります。ただし、高熱がでたり微熱が持続したり、嘔吐を繰り返す場合などは要注意です。手足口病になると、口の中や舌の発疹により食事ができないことがあります。子供が手足口病になったら食事内容に気をつけ、酸っぱいものや辛いものなどは避け、口にしみないものを出しましょう。また、感染が広がらないように子供に接した後は必ずよく手を洗うようにしましょう。


RSS関連リンク
またもや下痢です・・・。
。原因ははっきりしませんが、たぶん風邪とのこと。今はやってるらしいです。のろウィルスも始まってるし、子供がいると感染症に敏感になりますねー。まずは親がもらわないように気をつけないと。ところでインフルエンザの予防注射、まだ7ヶ月だと受けないですよね・・・?受け

『WOWOW 』クリミナル・マインドFBI行動分析課
もっと大変だ について詳しく知りたいですよね。そしてインフルエンザ流行の兆し?首都圏で患者急増 10月下旬 に全国の定点医療機関から報告された インフルエンザ の患者数は、1施設当たり0・2人と、この時期としては過去10年で最多だったことが国立感染症研究所のまとめで

《症状》ウツは精神病ではない
もあっただ、インフルエンザウイルスと水ぼうそうウイルスには薬がありますので、ウイルスの増殖を抑えて、症状を軽くすることができる場合があります。抗生物質はまったく効きません。子どもの感染症の場合、ほとんどはウイルス性で、細菌の感染はあまり多くなくあの
ワード
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。