乳幼児や子供の間で見

乳幼児や子供の間で見られる病気、手足口病手足口病は比較的よく見られる病気で、保育園や幼稚園など子供が集まるところで流行することがあります。手足口病は小さいお子さんをもっているお父さんやお母さんなら一度は聞いたことがある病名なのではないでしょうか。乳幼児や子供によく見られる手足口病。最もかかりやすい年齢は1歳から5歳くらいと言われています。手足口病の症状としてよくみられるのが、手のひら、足の裏、口の中にできる水泡性の発疹です。また、手足口病は夏風邪の一種のため下痢や発熱がみられることもあります。夏風邪の一種である手足口病は発症後、だいたい1週間から10日ほどで治る感染症です。乳幼児や子供が手足口病を発症した場合、発症した子供に接した後はよく手を洗いましょう。ウイルスは便中に排泄されるので便の始末をしたときは特によく手を洗うようにしましょう。乳幼児や子供によくみられる手足口病は夏風邪の一種で自然に治りますが、口の中や舌にできた口内炎でミルクを飲まなかったり、ご飯を食べない場合は脱水症状を起こす心配があります。その場合は病院で診察を受け、必要な場合は医師の診断のもと、点滴やビタミン剤の治療を受けるといいでしょう。


RSS関連リンク
落ちは・・・やっぱり
まで続いていました。そして、先ほどお風呂に入れようと裸にしたら、お腹から腕のあたりまで赤い発疹がでてました。熱に始まったここ数日の諸症状は、突発性発疹だったという落ちみたい。90%の子が1歳未満でかかるというので、

噛み合わせ治療は難しい?呼吸からの治療
いのです。好転反応のタイプ ?弛緩反応(だるい・眠い)?回復反応(発熱・頭痛・腰痛・風邪症状) ?排泄反応(吹き出物・発疹・口内炎・歯肉の出血・下血) ?過敏反応(便秘・下痢・痛み・腫れ) これまで体内に築されてきたストレスがこのような

初めての発熱
の患者さんばかり なのでなるべく避けたいので家で様子をみました このまま熱が下がってくれるといいんだけど・・・ 顔に乳児湿疹とは違う発疹があるのでもしや突発?とも 思っているんだけど、突発の場合 風邪の症状はないんだよね ただ、風邪で免疫
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。